ユース主体のSDGs実践プロジェクト

投稿日 2020年8月26日

プロジェクトリーダー(団体名、代表者名)

上田隼也(一般社団法人SDGsインパクトラボ代表、立命館SDGs推進本部イノベーション・オーガナイザー)

提案の背景

地域将来像を考える主役であるはずの次世代の社会参加が進んでいない。また環境・まちづくり団体はメンバーの高齢化・固定化などにより、活動の継続や組織の維持が困難になっている。持続可能な地域づくりのためには、若い世代の主体的活動の推進やその支援システムの確立が急務である。

活動概要

中高生や大学生などの若い世代が中心となり、地域や国際社会の課題解決のためのプロジェクトを実践する。

活動の方法

異なる地域で活動する学生相互の情報交換の場を設定する。また、学生と自治体職員を対象とした「マイSDGs宣言キャンペーン」を実施することで、若い世代と自治体を結びつけ、各地で協働活動を生み出していく。

期待する参加者

SDGs達成を通じた社会参加に関心の学生・学生団体およびその支援に関心のある社会人