SDGsツーリズム研究プロジェクト

投稿日 2020年8月26日

プロジェクトリーダー(団体名、代表者名)

上田隼也(一般社団法人SDGsインパクトラボ代表、立命館SDGs推進本部イノベーション・オーガナイザー)

提案の背景

特定層が特定場所を回る既存のマスツーリズムは、コロナ禍に寄って大きな打撃を受けており、今後は多様化が必要である。また、SDGsをテーマとした課題発見型のツアーのニーズが高まっているが、受け入れ側が対応できていない。さらに、ツアーに当事者の目線が反映されていない。

活動概要

修学旅行やゼミ旅行で、SDGsに関して学べる場所やメニューをそろえ、現地の若い世代がガイドし、交流する地域を形成する。

活動の方法

SDGsに関する学びの場として地域資源や人材を活用しつつ、ツアー参加者の自由な発想や主体性に重きを置いたツアープログラムを検討・実施し、これを体験する機会を設ける。

期待する参加者

持続可能な観光、地域創生、ESDに関心があり、実践意志のある自治体、NPO・NGO、企業、研究者、学生