投稿日2016年4月1日 人、モノ、カネを紡ぐモリ券[地場産品交換券]

メニュー

概要

目的

  • モリ券は「森」で流した汗の代償として配布され、流域間を流通することにより幅広い交流をサポートし、地場産品の消費より地域浮揚の一端を担う。
  • 環境整備と地域経済を連環するしくみで、中山間地域の新しいしくみの一つとなる

実施概要

  • モリ券は、森林整備等に参加した方に配布される。地域(流域)内40の店舗(食料品から雑貨、スーパー、レストラン、農産品生産者、GS等)で使用できる。
  • 有効期限を6ヶ月とし、最終的に現金精算されるまで、一葉1,000円以下の地場産品と交換でき、かつ、何度でも交換の仲立ちをすることができる。
  • 平成15年度から流通させており、1回で精算せず旅を続けることで、さらに大きな経済効果を生み出している。
  • 発行原資は、寄付・協賛金・賛同金をはじめ、森林整備による木材の売上げ等を充当している。

期待効果

その他、特徴的な効果

  • 地域通貨券や商品券ではなく当団体独自のオリジナル券であり、森林を整備保全するための活動に参加したことを証明する券。
  • 森林整備活動と地域経済活動をつなぐ券で、地域内を旅することで、さらに大きな経済効果につなげている。

実施内容とポイント

全体を通じたポイント・考え方

流域外にお金が流れる他地域資本との関係は持たないことで、地域(流域)との信頼・信用関係を築くこと

ステップ1モリ券使用協力店舗の確保

実施内容 中山間地域の「森林整備」につながるモリ券が、様々な地域振興につながることを真摯に伝え、店舗数を増やしていく。
ポイント・考え方 モリ券の特徴でもあるお釣りが出ないしくみで、買物行動に変化が生まれ、店舗に利益をもたらすことを伝えること。

ステップ2森林整備協定

実施内容 森林整備協定を締結する。
ポイント・考え方 収益(モリ券発行原資)が残る協定を結ぶこと

ステップ3森林整備及びモリ券発行

実施内容 森で汗を流したことへの対価としてモリ券を発行する。
ポイント・考え方 使用にあたって地域経済に貢献していることを伝えること

ステップ4モリ券使用・清算

実施内容
  • モリ券を使用する。
  • 1ヶ月単位で精算を実施する。

ステップ5財務省との調整

実施内容 各地域の財務事務所には挨拶に伺い、指導を仰ぐこと

実施主体・協働・推奨される自治体

実施主体

協議会、NPO、住民、事業者

住民・行政参加度

総合
住民・事業者主体
資金
住民・事業者主体
マンパワー
住民・事業者主体

協働によりどのような相乗効果を期待できるか

異分野同士の連携となる

推奨自治体の自然・社会的要件等

自治体規模は関係なし

関連モジュール